高齢者の強い味方は在宅薬剤師!患者宅に訪問する薬剤師への転職を!

高齢者の強い味方は在宅薬剤師!患者宅に訪問する薬剤師への転職を!

高齢者の強い味方は在宅薬剤師!患者宅に訪問する薬剤師への転職を!

 

薬剤師と言えば通常は薬局で患者に服用指導をすることが多いものですが病院や薬局まで来ることさえもできない場合だと、医者の診察を受けることはもちろんですが薬を手に入れることすら難しくなります。

 

そんな高齢者を抱えている日本では在宅医療という制度が非常に広がっています。直接患者宅へ訪問して診察する訪問医師による指示によって、薬剤師も処方された薬剤を直接患者宅へ届けていくこともあるのです。

 

この在宅薬剤師の仕事はこれから薬剤師が自分たちの存在をアピールしていくための非常に大きな機会となるのです。この薬剤師が患者の在宅で服用指導ができるメリットはいくつか存在しています。

 

・患者さんの在宅で服薬指導ができるので、患者さんの実情を見極めながら進めることができる。
・実際に患者が処方された薬剤を服用できているかどうかを確認できる。
・医師に対して患者が服用している薬剤についての可否を提言できる。

 

薬局における薬剤師さんは、確かに来訪した患者さんに処方薬を提供するのですが患者さんが確実に服用できているかどうかは全く確認できません。

 

患者さんによって住居環境や家族構成も全く異なるので、薬をきちんと服用できる環境が整っているとは非常に言い難いこともあるのです。実際に在宅で処方箋どおりに提供した薬剤が全く消化されないことも起きているわけです。

 

どの様なタイプの医者であろうが自らが処方した薬剤が飲まれていないとなるとショック極まりなく、何とかしてコントロールできないものか考えることになります。このような経緯もあることから、在宅薬剤師の役割が大きな意義をもってくることになります。

 

また、正直言って医師が処方したものが患者の服用に合わないこともあります。例えば、認知症が進んでいるのに処方する薬の種類が多いと服用に大きな支障が出てくるのは必至でしょう。

 

その他在宅薬剤師になるためのベストの方法とすれば、やはりインターネットにおける薬剤師専門の転職情報サービスに無料でたくさん登録することから初めて見ましょう!

 

アルバイト薬剤師 パート薬剤師


ホーム RSS購読 サイトマップ